ヤミイロカニグモ 出現期4〜10月

ヤミイロカニグモ カニグモ科 カニグモ属 草間徘徊性 
草間を徘徊して虫を捕るカニグモ類の代表的な種類。葉の上に円い座蒲団ような白色卵のうを作り守る。オスはメスより小さく背甲が真っ黒である。参考:「クモ基本60」東京蜘蛛談話会 「日本のクモ」文一総合出版 (写真:加倉井範子)

◎1.♀ クモを捕らえているところ
◎2.ヤミイロカニグモ♂
◎3.白色の卵のう 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA